--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/03/03

バネネタとりあえずまとめ

さあ、今日は今までの解説のダイジェスト版をお送りします。

ちょっと濃過ぎて皆さん付いてきていない気がw

分かり易くまとめてみようと思いますが、出来るかな~

・前提・・・最近の前後17インチスポーツラジアルタイヤを使用したビッグバイクを対象。
      バイアスや前後18インチ等はまた違ったアプローチもあると思います。

・最優先事項・・・乗車1Gが適正かどうかを確認後、髪ゴムやシリコングリスを使って前後サスのストロークを測り、自分のバイクが有効ストローク幅をつかえているかどうかを把握する。

その上で車体姿勢を制御するために最適なスプリングレートを探していく。

・その為に最初に実行するのは乗車1Gを前後測定する事。

・イニシャルを掛け過ぎると、車高が上がったり、伸び切りのストロークが足りない為に加速時や高速巡航時の振られに繋がり極めて危険。
乗車1Gは30mm~35mm前後が妥当と思います。(一般的なロードモデルの場合)
乗車1Gが少ないと立ち上がりや直線で振られる原因になりがちで、しかも原因に気が付き難い。

・ストローク幅を有効に使えていない場合は、接地感が希薄になったり、タイヤが滑り易くなってしまう。
路面とタイヤの摩擦をコントロールするのがサスペンションの役目。ストロークがすべて。

・もちろん、ストロークしていればOKでは無く、車体の前後姿勢がバランスが取れている事が大切。
常にバイクの前後姿勢を意識したライディングが大切。

・減衰はあくまでもバネレートの補足手段。減衰に頼ると動きの悪い足になってしまい、接地感が不足する。ストロークスピードを意識する必要あり。

・ここ数年の市販の海外製、日本製ビッグバイクは日本市場を意識しておらず、足周りが固め。
バネレートを意識して下げることも選択肢の一つ。カワサキダエグが評判が良いのも国内に適切なバネレートを採用したから。(特にリアの2段レート、しかもレイダウンさせている)

・市販のアフターサスと、最近のビッグバイク用サスでは内容に大幅な差異は無いと思う。
違いを感じるのはバネレートが変わるから。まずは純正サスのバネレートを変更するセッティングを試してほしい。

・市販のアフターサスをポン付けで使うのは、FCRやTMRの高性能レーシングキャブをセッティングしないで使うのと同じ事。偶然バネレートが合っていればOKだが、大抵の場合バネレートが高過ぎる。
バネレートを意識したセッティングが非常に重要。


ブログ更新への励みにもなります。
ぜひ、1日1回応援クリックお願いします!
人気ブログランキングへ



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

もーすぐそこまで来ている本格的なシーズンに向けて足回りに着手していきたいと思っています。タイヤも新品にしたばかりなので、今セッティングするチャンスかと。

今度こそ乗って楽しいバイクに仕上げたいと思います。

しかしまずは嫁をなんと言って丸め込むか、まずはそこが大きな壁です。(T T)早いとこ景気回復してくれないかな?

まだ情報の少ない水冷ですが、過去と同じ過ちを繰り返さないように、改造もノーマル状態の把握をしながら着手する部位の本当の意味など見極めながら、進めて行きたいです。

KATUさん
フロントは純正でも十分だと思います。
恐らくリアのスプリングを8.5kg程度(あくまでもリンクがGSFと同様の場合ですが)位がお勧めです。
もしかしたら油冷最終からリンク等が変更になっている可能性もありますね。
この辺は適合確認が必要かと・・
いずれにしろ、タイヤのグリップを引き出すにはサスのストローク確保は大切です!

付いていけてないかもしれませんがROMらせていただいてます。髪バンドとシリコングリース常備します。(^o^)/

のぐりんさん
是非髪ゴム、シリコングリス使ってみて下さい。
ストローク量が明確になると、一段とセッティングが楽しくなると思います。

私、レースにはオフロードから入門したのですが、ザグ出しはバイクを走らせる前にする基本作業だったと思います。
プリロードで対応できなけりゃ、走る前からバネ交換。
ロードだと、そういった情報がまだまだ一般に伝わっていませんよね。

これからもいろいろと教えてください!

MAKOTOさん
確かにオフロードでは普通に色んなレートのスプリングがありますね。
ロードだとキットパーツでもレートの高いスプリングしか無いのです。
レートダウンを想定していないのでしょう。
サーキットユーザー以外はいじるな・・と言う状況だと思います。
乗車1Gを取っているライダー、ビッグバイク乗りの5%もいないのでは無いでしょうか・・

リヤショック

どーもです 1Gとストローク量の計測がやはり基本ですね
13Kのバネはノーマルです オーナーズクラブの方がクァンタムで対応品を作ってもらう為にノーマルのショックをメーカーに送って判明しました

クマガスさん
何と純正で13kgですか!
ハヤブサ旧型と同じですね!
油冷最終型はリンク比も変更になっている可能性も捨てきれないですね。

かねやんさんもコメントされてましたが、ハヤブサでもリア13kgはちょっと固いと思いました。
ここは11kg辺りを狙って見ても良いかもしれないですね。
スプリング内径、自由長が判明すれば、アイバッハやスイフト、ベステックス等々で1本9000円前後で変更可能ですよ。

しかし、謎が深まるばかりですね。面白いです!