--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/03/01

ストロークセンサーの決定版

CIMG1056.jpg
さて、お天気余り良くありませんがバイクを乾かすためにも街乗りをしばし・・・

これ、なんでしょうか?

黒いストロークセンサー・・・・

Oリングと思いますよね、普通は・・・

これ、

なんと、

髪ゴム・・・・・です。

しかも、子供のお下がり・・・中古ですw

コスト0円、

しかも内径、外径自由自在、ハサミで切って結ぶだけ~
結び目は余分をカットして、フォークの裏に隠してます。

あるサイトから頂きましたが、非常に素晴らしいアイデアです!

100均でも買えますし、女性のいるお宅ならどこにでも転がっているし、1本位恵んでくれるでしょうw。

この外側の黒いコーティングが非常に滑りも良く、インナーとの相性もピッタリ。

何せ、髪とスライドするように作られてる訳ですから・・・

これで再度乗車1G計測。

やはり乗車1Gは28mm程度。少しだけ少ないかな?
今度塩ビパイプ製のカラーをカットしてみようか・・
手元に余ったパイプもあるので、5mm程短いバージョンも作って見ようか・・・

現在イニシャルを最大に緩めている為、これ以上イニシャルを抜くにはカラーカットしかありません。
この辺はトライ&エラーでしょう。

でも、改めて街乗りでブレーキングしたりしてましたが、非常に素直なストローク感です。

今日のストローク幅は80mm前後。

でもフルブレーキする前はせいぜい60mm前後しかストロークしていません。

乗車1Gと合計すると88mm~108mmくらい動いていると言う事でしょう。

これがペースの上がったコースだとどの程度残ストがあるかですね。

日常域で固い、乗り易いと言う判断基準は大体この位のストローク幅の印象のはずです。

ここを詰めれば、乗り易く、走って楽しいオートバイに仕上がる事でしょう。

後は、攻めた時にどうなるのか・・・

う~峠行きたい・・・

来週も寒くなりそうですし、雪も降りそうですね。

3月後半に期待です!

ブログ更新への励みにもなります。
ぜひ、1日1回応援クリックお願いします!
人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

そのストロークセンサー、いただきます。
今日、バイクに乗ろうと外に出たところで雨がポツポツ・・・
不完全燃焼の週末でした。
私も暖かくなったらサスセットをやり直してみたいと考えています。
まあ、ヤワなフレームのバイクですので、いかにスムーズにストロークさせながら車体を安定させるかが目標です。
現状、車高も高すぎると自覚しているのですが、下げるとバンク角が・・・
ジェネカバーヒットで転倒なんてイヤですので・・・
難しいです。

まめしばさん
ストロークセンサー、自分も頂き物ですので、是非是非。
痛んでも気にせずバンバン交換出来るので最高です。
家の子供達はバレエを習っているので、髪ゴム大量にあるので嬉しいですw
確かにスチールフレームのバイクはサスでショック吸収が良いですよね。
アンチスクワットもあるので、車高上げはちょっとキツイですよね。
ここはやはりカバー類の新造でバンク角確保が王道かと・・・
一部カット&溶接がカッコ良いです~
ヨシムラ12号車(GSフルカウルバージョン、クロスビー車)が確か色々やってあったかと・・
たまにASで整備していて、眺めておりました・・

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます