Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rgarage.blog59.fc2.com/tb.php/928-6bc4afff

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

カワサキバイクマガジン

ブログランキング始めてみました。
ぜひ、1日1回応援クリックお願いします!
人気ブログランキングへ

現在発売されているカワサキバイクマガジンに、カワサキ開発陣のインタビューが載っていました。

やはり、日本人の為の仕様と銘打って、色んなセッティングが変更されているようです。

特に共感したのが、サスペンションも体重の軽い日本人に合わせて、ストローク量が使いきれるように再セッティングした・・と言う下り。

まあ、逆に言うと今まではポジションもサスも、国内のベストセッティングでは無かったと言う事なんですが・・・

メーカーの人は、今まで国内での評価がメインのバイク造りが出来ていなかったんだ・・と実感しました。

大変ですよね、輸出メインのビジネスですから、国内マーケット向けの商品はどうしても適当になってしまう・・・

恐らく歴史上ほとんど例の無い、狭い国内マーケット専用モデルのビッグバイク・・・

ポジションも、サスも出力特性も、日本の道に合わせて作りこまれてるそうです。

確かに、わざわざ吸気バルブ径を小さくするとか、よほど中低速にこだわったセッティングを目指したのでしょうね。

こういうバイクはサーキットは走らせず、ツーリング、街乗り、峠でのスポーツライディングに絞って乗った方が絶対に楽しいはず。

自分がGSFで目指している仕様を、カワサキがメーカーで仕上げてきた感じがしてすごく共感出来ました。

開発コンセプトの中で、こういうバイクは「お箸」なんだという表現があり、納得。

西洋だと、フォークは掴む、ナイフは切る、スプーンはすくうと言う単機能の商品作りが得意。

そういうモノつくり文化な訳です。

でも、日本では「お箸」、いわゆる何でも使える汎用性の高い志向でモノを作るんですね。

なるほどと思いました。

なので、日本人は1台のバイクでいろいろな事をしたがる。

西洋人は、レースはレーサー、ツーリングはツアラーとはっきり道具を使い分けている。

日本文化と西洋文化の違いで、開発も異なる訳です。

結構スッキリ説明出来ますね。

ニンジャでサーキット走りたい、ツーリングもしたい・・と言うのは日本的なパッションだと言う訳ですw。

GSFもきわめて汎用性の高い道具ではあるので、高荷重域での操作性だけ犠牲にすれば、街乗り、峠、ツーリング全てに対応出来るセッティングになりました。

公道とサーキットでは明らかに仕様は異なりますが、公道での使用に限って絞り込めば、かなり汎用性の高いオートバイが造りこめるのでしょう。

でも、これが普通のモノ作りだと思います。

植民地みたいに、自分たちが使う道具では無い物を誰かの為に作り続けて行くより、自分たちの為に良い物を作りこんでいく。

これって、当たり前だと思いませんか?

工業的な自給自足経済っていうのも、アリだと思うのです。

グローバル経済から多極主義経済に展開していく中で、新たなモノ作りへの志向を決断して行かなければいけない産業界。

こういう共感が得られる製品を生み出すべき!と強く思います。

結果的に、それが改めて海外マーケットでの評価を生み出すと思います。

人の顔色ばかり伺っていてモノを作らずに、自分が欲しいと思うものを作りこむ。

そうすると、他の人にもその思いが伝わって広がっていく。

こういう事なんだろうと思いますね~
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rgarage.blog59.fc2.com/tb.php/928-6bc4afff

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Googleブログサーチ検索窓

Copyright © BLOG5 All Rights Reserved.

カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

つるりん

Author:つるりん
最近基本整備とセッティングにはまってます。
基本は大事ですね~

月別アーカイブ

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。