--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/02/04

ポチっとありがとうございます!

ブログランキング始めてみました。
ぜひ、1日1回応援クリックお願いします!
人気ブログランキングへ
現在初登場62位!

ためしにブログランキング登録してみましたが、昨日だけで、62位になりました!
皆さんクリックありがとうございます!

今までは、雑然とバラバラ記事を書いてきたのですが、やはりちゃんとした情報発信をして行こうと思いを新たにしてみました。

やはり、励みになりますね。

これからも体感したことをダイレクトにお伝えする、こだわりのサイトを目指していこうと思いますので、引き続きご愛顧よろしくお願いいたします。

ブログランキングに登録すると、SEO対策になりそうです。
要は、グーグルで検索すると自然に上位に表示される確率が上がるのですね。

この辺はネットビジネスでは生命線だと言われてまして、たくさんの業者がしのぎを削ってます。

この辺はプロよりも、好きな素人が強い部分もあるようで、素人の力は侮れないようです。

こういう時代になると、必ずしもプロがいつも勝つとは言えず、アマチュアの力も相当強くなっているみたいです。

何か、この辺に次の時代に繋がるビジネスの種があるような気がしてます。

雑誌よりも面白いブログってたくさんありますしね。

たくさんの人達が情報発信する事で、あやふやな情報もあれば信頼出来る情報もある。

いい加減なビジネスをしていれば、すぐそれがわかってしまう。

ある意味、メーカーもユーザーも気を抜けない時代でもあるのでしょう。

しかし、書き手の善意さえしっかりしていれば、クオリティの高い情報を手に入れる事が出来るので、自分はこういう時代が本当に有難いと思います。

善意の人たちのノウハウの提供で色々なライダーの安全が向上したり、楽しく乗れるようになる。

それだけでもずいぶん良い時代になったものだと感心する事が多いです。

もちろん、物事には光と影があるので、メリットばかりでは無いと思います。

でも、デメリットを超えるメリットがあるからこそ、新しい技術が生まれてくるんでしょう。

今、世間はいろいろ騒がしいですが、こういう時期だからこそ、次の時代に向けた新しい技術、考え方が芽生えているはず。
歴史を振り返れば分かることです。

あ、またバラバラと書き散らかしてしまいました。

まあ、大目に見てやってください・・・
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

原因不明です

ご無沙汰です、前回エンジン絶好調って書きましたが今回は不調です暖まってくるとガス欠状態で最初は中速が駄目になりヒートしてくるとアイドリングも不安定エンスト冷えるまでエンジン掛からずですガスはキャブまで行ってるんですけど原因何が考えられますか?

モンゴロイドさん
ひえーまたですか~大変ですね!
・燃料コックからの漏れによるオーバーフロー、カブリ。ダイアフラム交換により治るかも。
・バルブクリアランスが詰まり過ぎて、常にバルブを押していて圧縮低下によるアイドリング不良(エンジン暖まるとクリアランスが詰まる?)
・タンクキャップのエア抜き穴の詰まりによって、タンク内が負圧となり、ガソリンが流れ出さなくなる。
・点火系のトラブル、プラグコードとキャップの接点不良、コイル自体の寿命、トラブル。

思いつくのはこんな感じでしょうか?
タンクキャップの詰まり、結構あります。
ガソリンが行ってないような不調に感じられますので、コックやキャップを確認されてみては?

つるりん

ガソリンフィルター透明なので確認OKフロート内もドレンあけるとガスが出ますエンジン内に吸い込まれない感じでプラグはカラカラに乾いていますう~んバルブクリアランスが怪しい感じもします、HIT数確保ポチとなっ!

キャブとエンジンの間のインシュレーターからのエア漏れは如何でしょうか?

つるりんさん

CRCで確認しましたが異常無しですやはりタペットが怪しいです前回までだだかぶりで乗っていましたからカーボンかなり付着してるかもしれません、週末挑戦

モンゴロイドさん
了解です。
しかし、プラグが乾いていてガスが行っていないとは不思議です。
燃料、圧縮、点火のどれかが原因でしょうね。
ご健闘をお祈りします!

こんばんは。
記事と関係ない話で恐縮ですが、BMWのWSBホモロゲマシンS1000RRはどうやらSOHCらしいですよ。排気側(って言うんですかね?1本きりでもw)カムからチェーンで吸気バルブ駆動させるようです。
つるりんさんの着眼点の鋭さに感服いたしました。

少し前の記事で素材についてのお題がありましたが、僕は「木」なんかどうかなと思ってました。RAFのモスキートからアイデアを拝借して木製モノコックとかおもしろいなとw

と思ったらイタリアの家具職人がすでに木製ヴェスパ造ってました。彼の国も「紅の豚」でおなじみ水上レーサーで木製モノコックを投入してましたし。非金属の乗物に不安とか抵抗感はないみたいですね。

ささきさん
まじですかっ!
それは偶然にしては恐ろし過ぎですねw
昔からDOHCヘッドの重さが気になっていて、自分のトルネオのSOHC4バルブVテックエンジンに惚れ込んでいるのもあるのですが、ヘッドの軽いエンジンが欲しかったんです。

油冷でもSOHCに出来るんじゃ?とか、2バルブでもいいんじゃ無いか?とか妄想してます。

バイクは重心から高い部分の重量を下げるのは、運動性と安定性を両立させる鉄則なので、BMWのエンジニアの選択は極めて正統なエンジニアリングだと思います。
日本メーカーの開発者って思い込みが強過ぎて、視野が狭い状態になっているのでは?と思います。
視点をちょっと上げてみるだけで、色んな方法があると思いますね~
その辺は教育の成果なのか、民族性なのかは分かりませんが・・・

補足です。
素材ですが、今年はついにドカがモトGPにカーボンフレームを投入しますね。
燃費だとか、環境問題とかにもカーボン素材による軽量化はエンジニアリングの主流になると思います。

自転車でも当たり前なんですが、アルミよりもカーボンが乗りやすいし、疲れないんですね。

バイクと自転車って、自転車の方が素材やサイズで見ると遥かに自転車が先に行ってます。

バイクメーカーの人も見習ってほしいと思いますね。

人馬一体は2輪車の宿命だと思います。

ブログランキング、たしかに励みになるのは事実ですが、なにか追われるような気分になったりすることがありますので、マイペースを守ることをお忘れなく・・・・

うちの場合、ランクが落ちると子供たちに
「パパッ、抜かれたよ。また抜き返さなくちゃ!!」
などとシリを叩かれます・・・

まめしばさん
まめしばさんの影響で始めて見ましたw。
面白いです。
確かにやり過ぎないように気を付けますw。
HPを開設したのが2000年の正月ですので、かれこれ丸9年間ウェブサイトを開設してますが、あっという間に月日は流れますね~
当時はニンジャはまだ宮崎にあり、ボアアップ中でした・・・
早いなーもう9年か・・・