2009/01/14

スピードの中で魂(精神)は肉体を超越する

CIMG0194.jpg

イギリス軍、アラビアのロレンスと言われた人のセリフと言われている言葉です。

ライディング・ハイを表現した言葉といわれてますが、深いですよね。

単なるドーパミンの放出に限らない意味があるように思います。

ライダーなら誰でも経験ある、飛ばしてる時に感じる不思議な浮遊感。

集中してワインディングを走ってる時に感じるフロー状態

人生の半分をバイクを友として過ごしてきましたが、この気分をいつも頭に入れながら走ってると思います。

ただの街乗りでも、たまにこういう気分になる時があります。

ぞわぞわっとした、素敵な気分。

なんだろう・・・

完全なる集中。

機械との一体感・・

人馬一体となった走り・・・

こういうフィーリングがライダーを魅了し続けるのでしょうね。

我々もいつか肉体は衰えていくのでしょうが、魂はいつまでもスピードを求め続けて行きたいと思います。

たまに思いだす「世界最速のインディアン」のバート・マンロー翁のような生き様・・・

走り続けていれば、見えてくるような気がしてます!



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント