Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rgarage.blog59.fc2.com/tb.php/879-1d55fd2d

-件のトラックバック

-件のコメント

[C839]

ワタシも1KTに乗っていました。やっぱり荒川(羽倉橋のたもとの駐車場)で8の字の練習をしたりしたものです。
つるりんさんは荒川のどの辺りで練習されたのですか?

今回の記事はポンピングロスの低減について(?)だと思いますが、エンジンブレーキについては、だいぶ昔のサイクルサウンズで平選手がYZFに乗っていた頃、いかにエンジンブレーキを2サイクルに近づけるかがひとつの開発テーマだったと述べていたのを思い出しました。

ワタシは最初のバイクが1KTだったこともあり、2サイクルの加速感が忘れられずCRM80(維持費が安い)を数年前に購入しました。
排気デバイスなしの2サイクルの乗り味はまた格別なものがありますよね。
  • 2009-01-12
  • いろはにほへと
  • URL
  • 編集

[C840]

ご無沙汰しています。
エアショット利用の内圧コントロールバルブがどれくらい効果あるか、インプレを楽しみにしています。
通常の内圧コントロールバルブを峠道で付けたり外したりしてテストした際には、低速からの開け初めとエンブレの特性が変わってしまい、バルブ無しでは乗りたくないくらいに感じました。
  • 2009-01-13
  • ハラ坊
  • URL
  • 編集

[C841]

いろはにほへとさん
自分は荒川と環8の交差する戸田橋付近でやってました。
ちょっと下流の方ですね。ダートばっかりですw。
平さんもそうなんですね。やはり減速コントロールについてはまだまだ改善の余地があると思います。
2ストもまた乗ってみたいですね~
  • 2009-01-13
  • つるりん
  • URL
  • 編集

[C842]

ハラ坊さん
こちらこそご無沙汰です!
ケース内の減圧って、これからの4サイクルエンジンのテーマなんじゃないかと妄想中ですw。
排気圧利用と過剰な負圧の制御・・・面白いですね~
  • 2009-01-13
  • つるりん
  • URL
  • 編集

[C1051]

自分のバイクはTDM850で、NAGバルブを装備しているのですが。
今日オイル交換でオイルを入れていると、なんと作動音が、わずかにするのです。
エアBOXがないので、エンジンが動いてると、かなり大きい作動音がして、仕事しるなーと、思ってましたが、ここまで簡単に動くとは…
気のせいかもしれませんが…聞こえました。
  • 2009-02-22
  • へちゃ
  • URL
  • 編集

[C1055]

へちゃさん
NAGバルブ、作動性の良さがウリだと思います。
一般のワンウェイバルブでは作動しない圧でもちゃんと動く事で、ケース内圧をコントロールしているのだと思います。
出来れば排気圧を利用して積極的に負圧を作って見たいと思いながら・・
何時か検証してみたい項目です。
  • 2009-02-22
  • つるりん
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

ケース内圧の積極的負圧化

CIMG0846.jpg
我がGSFはシリンダーは中古流用です。
何用か不明ですが、2次エア用の穴が開いており、塞いで使用してます。

シリンダーヘッドまでこの穴が抜けていて、排気バルブまで通じてる事が前提ですが、現在ある事を考えてます。

まあ、その内にと思ってますが・・・

カワサキのモトGPマシン、恐らくパラ4のモトGPマシンはほとんどが強制的にクランクケース内の減圧を実施しており、クランクやピストンのフリクションロスを軽減して、あの高回転を実現しているようです。
F1マシンも同じですね。
恐らく、クランクを手で回してもかなり軽く回りそうです。
バルブスプリングの無いドカのデスモとか、ニューマチックバルブだと本当に軽く回りそうですよね。

4サイクルエンジンにとってポンピングロスと言うのは宿命的な課題である訳です。

このウェブサイトにカワサキのモトGPマシンの解説が載ってます。
そして、ケース内減圧機構も紹介されており、成程~と感心しておりました。

NAGさんの強制減圧システムは排圧を利用して負圧を掛けてますね。

一体どの様な効果が期待出来るのか・・・

機能としては、エンジン回転のフリクションロスの軽減に尽きる訳ですよね。

エンジン回転の上昇、下降がスムーズになるはずです。

そして、自分の場合何が期待出来るかと言うとエンブレの軽減です。

スリッパークラッチ(バックトルクリミッター)が要らない位、エンブレが軽減されるだろうと思います。

この意味が理解出来る方には魅力的ですよね。

自分は最初のバイク(20年前!)がヤマハSDR200、1年乗った後にTZR250(1KT)に3年程乗ってました。
ツーリング、通学、街乗りに使い倒し、自分のライダーとしての基礎を作った機体です。

特に1KTは名車で、荒川の土手の斜面を1日中斜行してダートの練習をしたり、ブレーキロックの練習やリアロック&ドリフトとかの練習をしておりました。
今考えたらあの日々があったから生き延びてきたようなものです。

普通は2ストレプリカでそんな練習はしないですよね。

でも、自分はTZRを乗りこなしたかったので、リスクの少ない斜面のダート走行によって、バランス感覚を磨いてました。
良く倒してしまい、荒川の土手にTZRを倒してしまい、一緒に草の生えた斜面に寝転がったものですw。
リアブレーキレバーを折ったり、クラッチレバーを折ったりしてましたが、スゴイ楽しかった記憶があります・・・

閑話休題

2ストの乗り味はそのスムーズさに尽きます。

自分はその吹け上がりの良さに限らず、減速時の素直さが大好きでした。

今でもヤマハ並列2気筒エンジンには興味あります。

R1-Zとか良さそうですし・・・

このフィーリングを4サイクルエンジンの良さと合わせ持つ事が出来れば、最高のフィーリングが味わえるのではないだろうかと思ってます。

ですのでケース内の強制減圧によって、よりエンジン内のフリクションロスを軽減し、自分の思う通りに加速、減速出来るエンジンを手に入れる事は夢のような事なんです。

今までは、4サイクルエンジンなんてこんなものだろう・・と思って来ました。

正直、あの名機GSXR1000K2でレースしていた時も、その減速フィールに馴染めず「こんなもんか・・」と諦めていたんです。
その後手放してしまったし・・・

スネーキングしそうになるR1000を必死に半クラで車体を安定させながらも、余り楽しく無かった。
その位エンブレが酷かった・・・

これなら、ニンジャの方が良かった・・・と思ってました。

ようやく今のGSFが最高の水準まで整備出来て来た事で、改めてエンジンに興味が湧いてきています。

バックトルクリミッターと言うのは、ある意味対症療法に過ぎません。

このケース内の減圧と言うのは、自分が思うにエンジニアリングとして極めて正攻法なアプローチだと思います。

そもそもバックトルクの原因を解決しようと言うアプローチなんですから・・

メーカーもようやくモトGPマシンでその有効性に気が付いて来ているのでしょう。

吸気圧で減圧したり、ポンプで減圧したり、電動ファンで吸い上げたり、排気圧で減圧したり、色んなアプローチがあるようです。

負圧の掛け過ぎはオイルの泡立ちを誘発するとの事で、気を付けなければなりませんが、この手法は試してみる価値があると思います。

今後も、色々と動いてみようと思ってます。

いや~面白い、エンジンの世界も深いですね~

単なるボアアップや、高圧縮化、ハイカム化に頼らない、究極の高効率なエンジンチューンってとっても面白いと思いませんか?

今あるポテンシャルを最大限に活かす。
無駄になっていた部分、ロスを徹底的に排除し、スムーズなバイクを作り上げる。

こう言ったアプローチを取って行きたいと思います。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rgarage.blog59.fc2.com/tb.php/879-1d55fd2d

0件のトラックバック

6件のコメント

[C839]

ワタシも1KTに乗っていました。やっぱり荒川(羽倉橋のたもとの駐車場)で8の字の練習をしたりしたものです。
つるりんさんは荒川のどの辺りで練習されたのですか?

今回の記事はポンピングロスの低減について(?)だと思いますが、エンジンブレーキについては、だいぶ昔のサイクルサウンズで平選手がYZFに乗っていた頃、いかにエンジンブレーキを2サイクルに近づけるかがひとつの開発テーマだったと述べていたのを思い出しました。

ワタシは最初のバイクが1KTだったこともあり、2サイクルの加速感が忘れられずCRM80(維持費が安い)を数年前に購入しました。
排気デバイスなしの2サイクルの乗り味はまた格別なものがありますよね。
  • 2009-01-12
  • いろはにほへと
  • URL
  • 編集

[C840]

ご無沙汰しています。
エアショット利用の内圧コントロールバルブがどれくらい効果あるか、インプレを楽しみにしています。
通常の内圧コントロールバルブを峠道で付けたり外したりしてテストした際には、低速からの開け初めとエンブレの特性が変わってしまい、バルブ無しでは乗りたくないくらいに感じました。
  • 2009-01-13
  • ハラ坊
  • URL
  • 編集

[C841]

いろはにほへとさん
自分は荒川と環8の交差する戸田橋付近でやってました。
ちょっと下流の方ですね。ダートばっかりですw。
平さんもそうなんですね。やはり減速コントロールについてはまだまだ改善の余地があると思います。
2ストもまた乗ってみたいですね~
  • 2009-01-13
  • つるりん
  • URL
  • 編集

[C842]

ハラ坊さん
こちらこそご無沙汰です!
ケース内の減圧って、これからの4サイクルエンジンのテーマなんじゃないかと妄想中ですw。
排気圧利用と過剰な負圧の制御・・・面白いですね~
  • 2009-01-13
  • つるりん
  • URL
  • 編集

[C1051]

自分のバイクはTDM850で、NAGバルブを装備しているのですが。
今日オイル交換でオイルを入れていると、なんと作動音が、わずかにするのです。
エアBOXがないので、エンジンが動いてると、かなり大きい作動音がして、仕事しるなーと、思ってましたが、ここまで簡単に動くとは…
気のせいかもしれませんが…聞こえました。
  • 2009-02-22
  • へちゃ
  • URL
  • 編集

[C1055]

へちゃさん
NAGバルブ、作動性の良さがウリだと思います。
一般のワンウェイバルブでは作動しない圧でもちゃんと動く事で、ケース内圧をコントロールしているのだと思います。
出来れば排気圧を利用して積極的に負圧を作って見たいと思いながら・・
何時か検証してみたい項目です。
  • 2009-02-22
  • つるりん
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Googleブログサーチ検索窓

Copyright © BLOG5 All Rights Reserved.

カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

つるりん

Author:つるりん
最近基本整備とセッティングにはまってます。
基本は大事ですね~

月別アーカイブ

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。