2009/01/10

寒いけどメンテ

CIMG0852.jpg
寒いですね~

明日はもっと寒くなるらしいので、今日中にと思いプラグ交換行きます。

実は昨年プラグ交換して以来、すっかり忘れてしまい1年程持ってしまいました。
まあ、距離は6,000km程度なので通常のサイクルですが・・・

以前はDR8EAを使用してました。いわゆる標準タイプです。

油冷エンジンはJR8Bが指定ですが、DR8EAでも可能でした。

ただ、油冷エンジンは熱や振動により、標準プラグだとスズキのテストで電極が折れたらしく、JRシリーズになったそうです。
さすが油冷w。

何が違うのかと言うと、電極部がインコネル製だそうです。

熱に強い素材なんですね。

実はJR8Cと言う、油冷GSXR750に使用されている電極が2本あるプラグもあり、これも使用可能です。
恐らく、JR8Cの方が点火性能も高いと思われます。
V-MAX乗りでは、このプラグにするとすごく良くなると評判らしいです。
自分はJR8Bが2本電極だとずっと勘違いしており、今回も箱開けて「あれ?」と思ってしまった位です。
そうか~純正は1本なんだ。
今度はJR8Cにしようっと。

以前はJR8Cを使ってました。

プラグも色々試してみましたが、まあ標準で良いかと。

イリジウムを使った時は、最初は素晴らしく良かったのですが、バッテリーが弱ってからはカブりやすく始動性が悪くなってしまい、泣く泣く交換した事があります。

イリジウムは電極が細いのでカーボンがたまり易いようです。

イリジウムを使用する際は、点火系をキチンとしておく必要があると思います。
もちろん完調なバッテリーなら相当良い感じになるかと思います。
CIMG0853.jpg
強風の中、寒さに凍えながら作業です。
これがJR8Bです。
電極の先端が細くなってます。
CIMG0854.jpg
DR8EAとの比較。
点火性能はそう違わないと思います。やはり耐久性の差ではないかと。
長期間使ったりサーキット使用の方は、標準のJR8Bにして下さいね。
DR8EAはお勧めしません。自分は自己責任で、あくまでも試してみただけです。
JR8Bを使って下さいね。
CIMG0855.jpg
今まではタンクを外してKTCのプラグレンチとTレンで装着してましたが、純正のプラグレンチが使える事が分かり、タンクはそのままで交換しました。
この方が楽だった・・・・当たり前か・・・
プラングレンチは純正が一番ですね~

さて、酷寒の中走って見ましたが、やはり快調快調。

以前のプラグでもまだ全然行ける感じでしたが、早目早目のメンテが吉かと。

始動性や振動、加速等もそんなに変わらず。

まあ、この調子が維持出来る事が大事だと思います。

最近、しつこくヘッド、シリンダー付近を目視点検してますが、オイル滲みは出ないようです。
ホッとしましたw。

後は、春を待つだけですね~

おっと、まだホイールベアリングの洗浄&グリスアップを計画してるんでした。

暖かい日を選んで作業したいと思います。

さすがにこの寒さでは体が動きません・・・

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

おかげさまでフォークオイルの交換は無事終了しました。
ワタシのブログにも書いたのですが、ある程度走ればこなれて丁度よくなるのでしょうが、自分にはまだちょっと硬いような気もします。

いずれにせよ、いろいろとご助言をいただきありがとうございました。
引き続きよろしくお願いします。

冬場のチョイ乗り、油温70度以下・・・耳が痛い

お、無事に完了お疲れ様です!
この時期の気温で街乗りだと、固いくらいでちょうど宜しいかと思います。
気温が20℃前後になると、動粘度も緩くなってくるはずです。
エンジンオイルと同じ理屈ですよね。
#30だとちょっと柔らかすぎかと思います。
もし気になるようでしたら、油面を10mm程下げるのもアリかと思います~