--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/01/24

ようやくオイルシール交換しました


SN3B0030.jpg北風吹きすさぶ中、スキを突いてオイルシール交換。 ムチャクチャ寒かったですw。 こんな小さな部品がオイルを防いでくれてるんですねー たった150円?位のパーツです。 シール類、ベアリング類は信頼の日本製部品ですね。 安心して使えます。 サークリッププライヤーが役立ちました。 ピンバイスでシールに穴をあけて、キリでゴリゴリしたらポロっと抜けました。 本当は良くないんでしょうが、結果オーライです。 ピックアップツールとかがあれば、もっと良かったかも。 バイクを多少右側に傾けて止めておいたので、シールを抜いてもオイルが漏れて来ませんでした。ラッキー。 純正のプラグレンチがちょうど良いスペーサーとなり、プラハンで新しいシールを打ち込んで出来上がり。 やはり古いシールを上手く抜くのがコツですね。 ロッドを傷つけないように気を使いました。 エンジン掛けて暖機。 よーし漏れてこなさそう。 しばらく放置してみて、垂れてこなければ合格です。 どうかなー? しかし、こういったカユイ所が治るとすごくうれしいですね。 口内炎が治った嬉しさ?みたいな。 でも僕の口内炎はまだ治っておりません(汗)。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント