FC2ブログ
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/02/25

三宅島TT

三宅島TTの是非をめぐって色々揉めてるみたい。 ホンダはレースだったら絶対に協賛しないと 言ってるらしいし。 宮城光氏や、難波氏も反対みたい。 実際に三宅島を走ってみた感想だそうだ。 そりゃそうだろう。 サーキット走ってるプロのライダーからしてみれば、 公道GPなんてありえないだろうし、自分では 絶対に走らないだろうし。 マン島TTも走りたくないだろう、きっと。 何か議論の方向性が間違っている気がする。 マン島TTもそうだし、世界の公道TTって ほとんど毎年死人が出ているのが常識。 その覚悟があるのか、ないのか? 出場する日本のライダーにその覚悟があるのか 無いのか? その辺から議論しないとダメなんじゃ? マン島もそうだけど、死者に対する尊敬が出来る のか? その辺どうなんだろう。 バイクに乗ってる時点、いわんやレースをする 時点で「死」に対する覚悟が出来てるはずだと 思うのだけど、日本ではそうでも無いらしい。 ちょっと熱くなったけど、レースってそういうものだろう。 って言うか、政治の道具になってる時点で 終わってる気がするけど。 死人が出ようが、事故が起きようがしゃにむに 前に進んでいく。 その心構えが主催者、出場者全体にあるのか どうか? そこがポイントだと自分は思う。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント