--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/10/28

HYODレザージャケット到着


DSC06942.JPGようやく手に入れたHYODの 革ジャケット。 一応HYODのトップグレードモデルだ。 革質は非常に上質で、しっとりとしている。 これなら10万円台の高級なジャケットをタメを 張れるだろう。 ASより帰宅する間のインプレ(街乗り30km) ・とにかくフィット感抜群。さすが。 メッシュ仕様のジャケットと遜色の無い タイトフィット感。 ただ、秋冬用なので少しだけ胴回りに余裕が ある。 寒くなればそれなりにインナーを着込む事は 可能。 ただし、腕周りはタイトフィットなので、 ベスト形状のインナーを用意すべきだろう。 デフォルトでもフェイクファーのベストが 付いているので、かなりのレベルの防寒性が 期待出来る。 ただ、ジオライン等のインナーやゴアウィンド ストッパーの防風インナーベストみたいなものは あった方がイイと思う。 これなら、12月までの時期はベスト。 1月から2月の厳寒期には不向きだが、ほとんど の時期のライディングが快適になる。 11月から12月に掛けてのヒンヤリした峠 (伊豆とか奥多摩とか・・・)での装着感は 最高だと思う。 指先が寒くなる程度のコンディションでは、 レザージャケットの良さをつくづく感じる事が 出来ると思う。 高温多湿の夏ではこうはいかない。 春や秋の一瞬の乾燥した好天のライディングには 最高の一着。 ヨーロッパやアメリカの乾燥した大陸の気候に は革ジャケットは最高。 ニュージーランドでも革が欲しくなった。 来週はどこに行こうか?
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント