--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/10/11

大衆に迎合する事・・・

久しぶりに辛口ネタ バイク業界に限らないが、一般消費者、つまり 大衆に迎合した商品が多すぎると思う。 確かに、トレンドを見据えて商品開発をして 収益を上げるのは商売の基本。 でも、トレンド自体がおかしい場合にも、商機 とばかりに皆で飛びつくのはどうも可笑しい。 例えば、モトGPのマフラーがメガホンだから と言って、公道用のマフラーもメガホンみたいに したり、妙に寸詰まりのサイレンサーにしてみたり・・・ モトGPでは騒音規制が緩和され、公道では逆に 非常に厳しくなっている矛盾を誰も指摘せず、 ただ迎合している。 モトGPと同じマフラーが欲しいのが人情だ・・ なんてつまんない言い訳は聞きたく無い。 供給側がきちんとロジカルに説明して、公道では 消音&排ガス規制が厳しいからこういう形状に しますと断言すべきなのだ。 大衆に迎合するメーカーは絶対に生き残れない。 最近、志を失った作り手が多く感じるのが 非常に惜しい。 もっと、日本の職人は志が高かったはず。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

昔にはいなかった現代の魔物
「マーケティング」ってやつですかねぇ

かねやんさん>
本来マーケティングって、需要を創造する
ものなんですが、受身になっているんでしょうね・・・