--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/08/30

次期タイヤはM3

どんどんASでも装着率が増加しているメッツェラー のM3。 サーキットも対応するグリップと、公道でのハンドリング の軽さの両立を目指しているので、自分にはベスト バランスのタイヤだと思う。 ただ、サーキットメインにはならないのは理解して欲しい。 サーキットならレーステック。公道ならM3。 自分のスタンスはあくまでもこれだ。 Z6の良い点を継承しているので、色んな方に お勧めできると思う。 ライフは圧倒的にZ6だと思うし、とっつき易さも Z6だと思う。 まさに適材適所。ドイツの道具に対する意思の 強さがにじみ出ている製品だと思う。 日本人は一つの道具を色んな目的に使用したがる が、ドイツ人は目的に応じて道具を使い分ける。 このセンスが重要だ。 別にどちらが優れているとかを言いたい訳では 無くて、それぞれの考え方を理解する必要がある って事。 別にSSでキャンプに行っても良いし、ネイキッド でレースしても良い。 それはそれ。 ただ、それをよく理解してやろうって事。 自分の文化背景を理解して、行動してみるのも 面白いと思う。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント