--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/01/28

放てば手にみてり、選択と集中

色々動きがある日々だけど、最近改めて肝に銘じて いる言葉。 放てば手にみてり、と言うのは仏教の言葉で (すいません仏教徒で無いので詳しくは知らない) どういう意味かと言うと、人間は日々色んなしがらみ を掴んで離せない生き物なので、思い切って放つ (手から離してみる)と意外と満ち足りるのだ・・・ と言う教え。 選択と集中と言うのは、経営の基本であるとも 言われている手法で、無駄なエネルギーを浪費せず、 これぞと言う事に自分のエネルギーを集中して 行こうと言う意味。 実は、この2つの言葉はシンクロしているので、 大変面白い。 仏教の言葉と経営学の教えが根底では繋がっている。 まさに、今の自分にも当てはまる事。 最近の動きの中で、自分自身に迷いがあったのか、 珍しく動きが鈍かった。 もともと即断即決を是としてきたので、これからも 動きつつ考えていくつもり。 キチッと選択して、集中しよう。 また、選択しなかったものについては、思い切って 手から離そう。 これが意外と難しいが、気持ちが固まった。 どんどん動きまっせー。 2006シーズン、スタートって感じ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント