--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/01/26

キャブ丸洗い、BMCエアクリ洗浄

雪が凍り付いて、自宅の前の道路が凍っているので バイクはお預け。 バラしたGSFのキャブを丸洗い。 ついでに3,000km走ったBMCエアクリーナーを 洗浄(ASにて)。 キャブは純正のまま。 スリップオンなので、セッティングもそのまま。 パイロット系は2回転半戻しで合わせてます。 ワコーズのキャブクリーナーの買い置きがあったので、 (ニンジャFCR時代の遺物) それを使用。出来れば高圧エアで吹きたいが 自宅なのでその環境が無い。残念。 (ガム質の汚れは高圧エアで無いと完全には 落ちないらしい。コンプレッサー欲しいなあ) ミクニ製の負圧キャブは10年ぶりくらいに触る。 ネジが固着しているので、ラスペネで潤滑し ドライバーを叩いてシッカリ固定し外すが、結構 怖い。 アルミ(キャブ本体)に鉄のネジなので、固着が ひどい。気をつけないとなめそうだったが何とか 全部外れた。出来ればヘキサゴンのボルトに 交換したいなあ。プラスネジは怖い。 今回は特にパイロット系の洗浄が目的。 吹け上がりは最高なのだが、アクセルの開け始め がバラつき出していたので、パイロット系が汚れて いるのだろうと推測。 バラしてみると案の定、パイロットニードルの先の円錐状の 部分がガム質でベトベト。 これならクリーナー&ウェスでキレイに出来る。 現在23,000km程度走行しているが、恐らく キャブ洗浄は初めてか?それなりの汚れ具合。 キャブ本体の下部(ドレンのある辺り)も結構汚れて いた。 この汚れでアレだけのレスポンスがあるなら上等。 スロージェット、メインジェットはOK。 一応クリーナーを吹き付けておいたが、詰まり等は 無いようだ。 気になったのが、ジェットニードルの擦れ。 結構金属の地肌が擦れている感じ。 それなりに磨耗しているだろう。 ソロソロ交換が必要かも。 受け側のニードルジェットも同時交換か。 フロート周りはOK。しばらく使用可能だろう。 ガスケットは次回新品にしたいなあ。 やはりそろそろOHが必要な時期だと思う。 丸洗いは一時しのぎにしか過ぎない。 バキュームのゴムも5年経つとソロソロ交換か。 ばらしてみたが、現状はOKだけど破れたらアウト。 気をつけたい。 ゴム系はマメな交換が必要だと思う。 経年劣化については防ぎようが無い。 BMCエアフィルターも丸洗い。 きれいになった。 明日干して、取り付けよう。 久しぶりに整備したので、ちょっと充実した一日 だった。 早くツーリング行きてー。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント