--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/06/30

アイドルポートとスローポート

TMR,レーシングキャブですので、アイドルポートは1個だけです。
スローポートのようなものは見当たりません。

純正キャブであるBST36には、アイドルポートが1個と、スローポートが3個開いています。

アイドルポートはアイドリング時、スローポートはバタフライバルブの動きに合わせて、1個目、2個目、3個目と
ガソリンを吸いだしていく構造になっていますね。

実はこのスローポートの動きが、純正キャブの乗りやすさ=開け始めのツキの良さ。。に繋がっていると思います。

ここが濃いとドンツキになるわけです。

昇圧回路を付ける前の自分のBST36がそうでした。

昇圧回路を付けることで、濃いめのガスを燃やしてくれたために、フィールが改善されたと言う訳です。

TMRはどうでしょうか?

スローポートは存在しません。

アイドルポートがひとつ開いているだけです。

これでも、昇圧回路によって、微細な開け始めのツキが改善しました。

これは驚くべきことです。

後は、ハイパーノズルを通して吹き出した混合気が燃えているわけですね。

う~ん、レーシングキャブと昇圧回路の組み合わせは最強だ。

純正でも相当なレベルだったけど、レーシングキャブと昇圧回路は相性良すぎです。

その原因のひとつは、このポートの数が少ない・・・と言うあたりにもあると思います。

開け始めのツキをそこまで重要視していないレーシングキャブを純正並にする事が可能となるんですね。

頭では理解していましたが、実際に乗ってみると・・・・

ぜひ、自分のGSFに乗ってみてください。

乗ればわかります。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ご無沙汰です!
TMR付きのつるりん号、近いうちに是非!

有難うございます!
もし天気良ければ日曜に奥多摩行きますよ~
早朝から(^^)

あのースローポートは1個ついてると思うのですが・・・中子のところに・・・

おー、アイドルポート以外に、スローポートもあるんですね!
気がつきませんでした。
フラットバルブとスローポートの動きって、どうなってるんでしようね?