--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/06/27

準備あっての…

昨日街乗りしながら考えてました。
「強制開閉キャブってこんなに乗りやすかったっけ?」
アイドリングからアクセル低開度辺りのフィーリングはまるで負圧キャブの様…

自分はニンジャ時代、TMやFCRを散々乗り回して来ましたので、それなりに強制開閉キャブは経験あると思ってました。

これは何だろう…

昇圧回路か!

明らかに火花が飛んで、よく燃えているフィーリングがするんですよね。

下が弱いレーシングキャブを見事にカバーしてくれています。

この組み合わせは最高かも。

改めて、公道でのフィーリングを追求しているまめしばさんの凄みを思い知りました。

そう、このフィーリングは10月に長野で試乗したまめしばさんのGS1000の乗り味だ。

しかし、下のあるレーシングキャブって、つくづく反則ですね(^^)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

三要素

好調エンジンの三要素、良い混合気、良い火花、良い圧縮・・・ただそれだけのことと思っています。基本に忠実にネ!!

基本に忠実に…重い言葉ですね。
基本に忠実なオートバイは乗りやすい事を改めて思い知りました。