--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/06/25

プロの仕事

取り敢えず装着した状態で街乗りしてみました。

これがプロの仕事と言うものか・・・

同調も最初から完璧に合っています。全く調整する必要を感じません。

アクセルも軽く、まるでスライドバルブが右手と完璧にシンクロするように動きます。

スローも完璧。

アイドリングからクラッチを繋いでも大丈夫。

まるで負圧キャブ?って言うくらい普通に下がある。

え~これ38パイなんですが・・・

当然ピックアップも鋭く、街乗りレベルでもフォークの伸びが早くなりました。
これは伸び減衰を少し高めないとイケマセン。
サスセッティングにも影響が及びますね。

おとなしく乗る分には以前と変わらず、ちょっと開けるとイキナリ暴力的な加速を始めます。

いや~これはすごいわ。

思わず、ちょっと乗っただけで帰って来てしまいました。

まず体を慣らさないと・・

しかし、まさにプロの仕事とはこう言うことを言うのでしょう。

ドーバークラスのトップレーサー達から絶大な信頼を得られているのも理解出来ます。

これなら、安心してセッティングだけに集中出来ますよね。

いや、参りました。すごいわ。

ちょっと興奮が落ち着いたら、またまとめ記事を書きます。

久しぶりに乗ったのでアドレナリン出まくりですw。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント