2010/05/01

走行フィーリングの密度感

今日久しぶりにGSFに乗って、改めて良いバイクだなあと・・

何がどう良いのか。

走っている情報の密度感が高い気がする。

自分の右手や各レバーからの入力、体重移動等の人からの情報を、オートバイがリニア且つ鋭過ぎずに伝えてくれる。

その車体からのフィードバックの密度感が高い。

入力と出力のバランス。

インプットとアウトプットのバランスが絶妙。

今日はさわやかな気候ともあいまって、街乗りでも大変気持ちの良いフィーリングでした。

タイヤが路面を捉える。ブレーキが効いて減速Gを感じる。
そのGもコントロール下に置けている。

リアブレーキも良い具合です。パッドとディスクが馴染めばもっと良さそう。

手足の様に動く・・とはまさにこの事。

ずっとトラブルシューティングをしていましたが、ようやく真のGSFの姿が出現した感じです。

いやいや、苦労した甲斐もあったというもの。

これからシーズン中、思いきり走りまわりたいと思います。

今年は走る一年にしたいなあ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

部品間に合って良かったですね。

有意義GWをすごせそうでなによりです。

KATUさん
有難うございます。ようやく仕上がりました。
明日は久しぶりにツーリングです。
レポお楽しみに!