2010/04/04

花冷えの道志

82335248.jpg
あまり良く天気予報を見ずに出発したら寒い。
しかも曇ってる~

まあ、マッタリ走りましょう。

オイルの香り少々、タペット音少々ある程度で、それ以外は絶好調です。

フロントフォークも減衰バッチリ。
もう少し暖かくなれば、もっと良くなりそう。
気温10℃以下だと、油面を下げたくなるけど、気温20℃程度で判断してみたい。
4月中に判定したいなあ。

しかし、一旦走りだしてしまえば、少々のオイル漏れなど気にならず、最高。

圧縮回復の効果は絶大で、アクセル開度が低くてもトルクが出るし、開けなくてもパワーが出る。

燃費も良くなってる気もする。アクセル開けなくて済むから当然か・・

パーシャルから開けて行く際も、自由自在にトルクコントロールが可能なので、超面白い。
GSFの本領発揮。
このトルクの出方は純正ならでは。
これを高回転型にするのはモッタイナイ。
やはり、アメ車のようにドロドロとトルクで繋いでいく乗り方がGSFには似合うと思う。

6000回転程度でシフトアップすれば、高トルクのままでドンドンスピードが乗って行く感じ。

いや~楽しいわ。

帰りにナップスでOリング等、ヘッドを開ける為の純正部品を発注。
GWに作業しようかな。
やはり信号待ちでのオイルの匂いが気になるので・・

一度やった作業なので、2回目は段取り良く出来そうだし、楽しみだなあ。

多分1000km程度走行する事になるので、燃焼室の状態も確認したいし、一応タペットも再調整したい。

タペット音も多少静かになりそうな気がする。今はちょっと大き過ぎな気もするし・・・

まあ、じっくり仕上げましょう。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ご無沙汰してました腰上O/Hしたみたいですね経過はどうですか?私も今回ヘッドからのオイルの滲み酷く走るとオイルの焼ける臭いに我慢できなくついでにタペット調整しました前回調整したときマニュアル無いのでTsさんのサイト見ながら調整したんですが返ってタペット音が出てしまい自己流での調整してみました今回やってみて又疑問が出てきましたIN側調整は、#4シリンダ 吸気側のカム山を真上に向けて、#3、4のタペットクリアランスを測り、必要であれば後述の要領で調整します。とありますがこれで図ると#4が半回転前圧縮上死点ではクリアランスが一番広くここで音が出てしまい私は圧縮上死点でIN側は計測しましたこれで解るのがカム山トップより圧縮上死点の方がクリアランスが大きくE/Xはまったく逆でした、もしタペット調整するようでしたら1度確認してみてください、本来のメーカーの調整はTsさんのやり方になってるんでしょうかマニュアル無いので何ともいえません、私のバイクがカムなどの曲がりが有るのか少し不安です。今はエンジン音大人しいです。

モンゴロイドさん
お、ご無沙汰です。自分はヘインズの英語版とスズキのサービスマニュアルも持っておりますが、スズキのSMだとカムの刻印の印で上死点を判断するように記載されています。
カム山のテッペンがどこなのか正確には分かりませんが、もうすぐ3度目wのタペット調整をしますので、その際にじ~っくり確認する予定です。
一日カムと格闘する覚悟で臨む予定w。
ご期待下さいませ。

私も今迄何度か4ストタペットはやったこと有ったんですが殆んどクランク点火タイミングプレートにT’マークが有ったんですけどGSFは何にもなくほとんど感覚での調整?いちお十字の合い口とケースの合わせ目でのタイミングで調整しました。つるりんさんの結果待ちます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

モンゴロイドさん
そうですね、近々再度バラスので、その際に確認してみますね。
マニュアル、中古でも手元にあると便利ですよ。
自分もずっと無しでやって来ましたが、昨年購入しました。