--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/01/08

バルブガイドが割れていた!?

さて、シコシコとヘッドを綺麗にしています。

実は、吸気側の4番のバルブガイド2箇所が割れていました。

エンジン内に破片が落ちた形跡は無いので、これは割れた状態のまま組まれていた可能性が高いです・・

どうしよう・・

4番気筒のバルブ4本を試しに出し入れしてみましたが、全く振れも無くクリアランスには問題無い状態です。

このまま組んでも良いのだろうか・・

R32GTRとかだと、良く割れるのでガイドを短く加工したりするらしい・・

ガイドは2本だけなので、内燃機屋さんで交換してもらうのが堅実な方法ですね。

そうすると、面出しも頼みたいし、ついでに排気側のシートカットも・・・

やはり、この機会にやっておくべきでしょうか・・

う~ん、明日まで考えてみます・・・
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

おはようございます。
やはりエンジン開けると、中から色々出てくるものですね。
わたしも過去に、DT200WRの腰上OHした時、YPVSバルブが割れている事が判明。
部品を交換し、えらく調子が良くなった事を思い出しました。
2ストは簡単にばらせるのが、今となっては懐かしいです。
(4ストは複雑!故に、My GSFはエンジンに手を出していない)
せっかく内燃機屋さんに出すのであれば、やれる事はGO~!でしょう(予算にもよりますが…)
後は、ポートの段付修正に正確な組み付けですよね!
進捗レポ、楽しみにしていますよ!

kenkichiさん
そうですね~開けてみると色々理解出来ます。
特に一度中を開けてあるエンジンなので、大丈夫な場所、ダメな場所の見極めが難しいです。
現状ではバルブガイド交換及び、面研を検討中です。