--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/01/01

バルブ外れた

CIMG2024.jpg
バルブスプリングコンプレッサー(キタコ製)でバルブを外しました。

排気側はすんなり外れたのですが、吸気側のコッタが固着しており大変。
ラスペネ吹いて放置後、プラハンで叩いたら外れた。
コッタがアチコチ飛んでいって大変でした。危うく1個なくすところでした(汗)。

各バルブの状態は非常によろしい。
吸気側に少しオイル下がり的な汚れが付着してますが、1、2箇所です。
軽症でした。

事前に用意したケースと発泡スチロールのバルブスタンドに挿しておきます。

さて、ようやくヘッドを綺麗に出来る状態まできました。

明日からはヘッド本体のクリーニングと、バルブの洗浄に入ります。

さあ、ガスケットリムーバーを使うときが来ました。
換気に注意して頑張りまっす。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あけましておめでとうございます
新春早々エンジンばらしネタですか(笑)一年の計は元旦にあり…この手のネタが今年も多そうですね♪

あけましておめでとうございます。

バルブ周りのリフレッシュとリング交換で、どの程度の効果が体感できるものなのか、非常に興味があります。
自分のGSもどの程度までやろうか思案中なものですから・・・・

かねやんさん
あけましておめでとうございます。今年も箱根界隈でお会い出来そうですね。リアサスインプレ待ってますよ(気持プレッシャーw)。路面温度低いのでテスト時はくれぐれも無理なさらずに。

まめしばさん
あけましておめでとうございます。
バルブ周りは予想通りの程度だったので安心しました。
排気バルブシートはカーボンで荒れている感じなので、ここだけシートカットした方がイイかもです。
シリンダーが中古で距離を走っているようです。
リング合口を測定したら、0.5mmを超えてました。
この辺は新品リングで測定してみて、余りひどいようだと考えものです。
まあ、今回はこのまま組んで、来年辺りピストンを入手したいと思います。

合口が0.5mmとはちょっと心配ですね。
ちなみに、スカート下方のリングと摺動していない部分で合口計測するとどれくらいなのですか?
これと比較すれば、どの程度スリーブ内壁が磨耗しているのかがわかるのではないかと思います。

まめしばさん
合い口はおそらく中古シリンダーが原因で広いんだと思います。
おっしゃるようにスカート下部でも計測してみます。
トップ、セカンドリングそれぞれ、どの程度摩耗しているかも知りたいですね。
何となくですが、リングは丈夫でシリンダーが削れているイメージがあります。