Entries

R1000のチューニング

02のR1000のチューニングメニューをつらつら。 キモはステム。 ウィリー製の削り出しで非常に剛性が高い。 コレに変えると、ブレーキング、コーナーの進入が スムーズになり、挙動も穏やか。 数少ないR1000の弱点がステムの強度だ。 フレームは高剛性、フォークも倒立で剛性が高い ので、どうしても応力がステムに集中してしまう。 それをシッカリ受け止めるには、剛性の高い ステムがどうしても必要。 ニンジャでも...

ツーリングに始まり、ツーリングに終わる

浅川さんに良く言われるのが「ツーリングに始まり、 ツーリングに終わる。」と言う事。 バイクに乗ることの基本は、ツーリングに全て凝縮される。 様々な路面コンディション、気温、気候、体調、 メンタル面等々、沢山の変動要因を含み、その 状況下で自分とオートバイを完璧にコントロール して行くのは、ツーリングならではだ。 特に、ロングツーリングほど「自分」が試される。 車のように、機械が人間をフォローするのでは...

蓼科ツーリング

今週末はAS蓼科ツーリング。 アサカワスピードでのツーリングは今年2回目。 現在14名程の参加者を数え、あとはお天気が 良いのを祈るだけ。 今のところ快晴とは行かないが、まあまあの 予報なので、ドライで走れる事を期待したい。 一度は降られるだろうが、我慢我慢。 宿は「ロッジモーティブ」さん。 気取らないライダー宿なので、居心地が大変良い。 日曜の早朝は霧さえなければ、ビーナスライン朝練 を企画中。 うーん、...

こんなの

画像は新生ビモータのDB5。 フレームはクロモリのトラス。 スイングアームも一部アルミ削り出しのクロモリ トラス。 このスイングアームは、以前ハイパープロの油冷 エンジンを使用したネイキッドに似ている。 ドカ、MVアグスタ、ビモータはクロモリを使用している。 ドライバビリティ(操縦性)、リニアリティと 言った感性的な性能がイタリアンバイクにあるのは、 このフレーム構造にあるのだろう。 妄想が膨らんで行く...

ニンジャのフレーム性能

富士のような高速コーナーの連続するキツイコース でも、フレーム強化したニンジャはキッチリ走ってくれた。 宮崎のウィリーでお願いした、ステアリングヘッド周り やピボット部の補強が抜群に効き、スイングアーム や三つ又のワンオフパーツも相まって、リッタースポーツ に負けない操縦性を備えていた。 その時の良いイメージをずっと持っている。 今はアルミフレームのR1000でサーキットを 走っているが、走っているときの...

クロモリフレームとアルミフレーム

自分がバイクを作りたいと思う動機の一つが、 「フレームはクロモリ」だと思っている事。 以前、ウィリーで「セガーレ」と言うイタリアの マシンを見て「コレだ!」と思った事がある。 CBR900のエンジンにクロモリフレームの イタリアンバイク。 日本では猫も杓子もアルミフレームだけど、 自転車好きな人には良く分かるだろうが、フレーム のしなりがクロモリにはあって、大変扱いやすい。 ドカティが曲がりやすいのもフレ...

一目惚れ

うーん、やはりカッコイイ。 車名はNCR MILLONA と言うらしい。 グレードは3種類。 ユーロベースで300万から500万円程度。 でも、これなら国産エンジンを使えばもっと 安く出来ないかね・・・ デザインの問題さえ解決すれば、もっと良い奴が 国内で生産出来るんだけど・・・ どなたか良いデザイナー知りませんか? イタリア人でもドイツ人でも構いませんw。 後はデザイナーだけなんだよな・・・自作するのw...

理想のバイク

意外に思われるかもしれないが、この手のバイクも 好き。 昔はビモータのDB1が好きだった。 バイクは軽量で速いのがベスト。 (ツーリングは別ね) このバイク、ドカの1000を積んだNCR製の スペシャル。 なんと120kgしかない超軽量スポーツバイクだ。 85ps出てれば充分速いでしょう。 峠スペシャルって感じがステキ。 R1000のエンジンを積ませた、この手のバイク が作れないか思案中。 クロモリフレーム...

ブレーキの効き

R1000では感じないけど、GSFだとたまに ブレーキの効きが変化している事がある。 R1000はサーキット専用なので、ブレーキングは フルブレーキしかしない。 でも、GSFは公道専用なので、ブレーキングも 軽く掛ける事がほとんど。 こうなると、パッド面とディスク面の当たりが 無くなって、ブレーキの効きが悪くなる。 ハードに掛けるライダーのブレーキの方が効くのは 当たりが付いているからだと思う。 街乗り程...

ブレーキ揉み出し

6月の秋田ツーリング以降ご無沙汰だったので、 夕方涼しくなってからブレーキ揉み出し。 まず、フロントキャリパーを外し、中性洗剤を 吹き付けて、歯ブラシで満遍なくゴシゴシ。 ブレーキダストでマックロになる。 でも、水で洗い流すとピカピカで嬉しい。 マスターのふたを開放しておいてから、ピストンの 揉み出し。 木の板をディスクとパッドの厚さ程度にしてある ものを挟み、ピストンを出していく。 その後、揉み揉み。 数...

ツーリング後のメンテ

実用第一に考えているGSF1200Sだけど、 ツーリング後には一通り、効率の良いメンテを している。 洗車とはいっても、ホースで水は掛けない。 バケツに水を張って、雑巾で絞りながらフキフキ。 ホイールにもワックスが掛かっているので、チェーン の汚れ落ちも早い。 落ちない時は、灯油をウェスに付けて拭き上げる。 主にバイクの下部中心にウェスでフキフキ。 タンクやカウルは余り強く拭かない。 サッと拭き上げる程...

基本整備

基本的なことだけど、キャリパーをホイールに 合わせる時に、ホイールを回転させて馴染みを出す と、非常にフリクションが少なくなる。 馴染みを出してからボルトを締める。 (それまでは、手で軽く締めておく。) ホイールの整列も目視でキチンと取ると、非常に バランス良く取れる。 ポイントはフロントタイヤの側面を良く見て、 両側とも同じように見える感じがベスト。 その上でリアタイヤを見て、側面が同じ面積が 見えるよ...

全ては荷重コントロールに帰結する

どこかで聞いた事のある言葉だが、バイクのコントロール はコレに尽きると思う。 ブレーキング、バンク、立ち上がり全てにおいて、 キッチリタイヤをコントロールするには、荷重を コントロール出来なければ意味が無い。 ブレンボやら、クワンタムやら色んなパーツも 荷重をコントロールする為に機能しているのだ。 「トラクション」とも表現出来るだろう。 ブレーキング時の荷重、限界グリップでの荷重、 立ち上がりでハイサイ...

バイク用品のメンテナンス

バイクと同様、ヘルメット、ジャケット、ブーツ等の 道具類にも頻繁なメンテが必要だ。 ヘルメットは濡れ雑巾で拭いて、シールドは 流水で洗い、乾いたウェスで拭き上げる。 コレだけで、洗剤等わざわざ使わなくてもピカピカ。 無理にバイク用の洗剤を買う必要も無い。 せいぜい中性洗剤(ママレモンとか、シャンプー) くらいで本当にピカピカになる。 内装は洗濯ネットに入れて洗濯機へ。 ストラップも濡れ雑巾で拭くと、汚れが...

BMCエアクリーナー

ヨシムラが取り扱っているBMCのエアクリを GSF1200Sに装着した。 純正対応なので、純正のエアクリと互換。 ちょっと合いがきついのはさすがイタリア製w。 このBMCはASで評価が高くて、R1000に コレを付けているライダーが、富士のストレート で異常に伸びるのが話題になり、全員装着!と なったいきさつアリ。 恐らく、R1000はインジェクションなので、 吸気効率が上がったのをセンサーで感知、自動...

バイクの経年劣化対策

我がGSF1200Sも2001年登録なので、 丸4年を経過した。 それなりに経年劣化する部分もあるので、上手く 対策してやる必要がある。 自分が重要視しているのが、リアホイールのハブダンパーだ。 意外と、チェーンの伸びと勘違いしてしまうが、 10,000kmも走るとゴムが劣化してガクガク して来る。 アクセルワークに直結するので、この辺はシビア。 中古で購入後、すぐ新品に交換したが、既に10,000km ...

ゼロ戦に見る日本の課題

NHKでゼロ戦についての特集をやっていた。 名機といわれたゼロ戦だが、実は初期不良の嵐で 三菱(メーカー)側が改善したくても、海軍の バカ頭の参謀のお陰で、かえって改悪となり米軍に ボコボコにされたと言うのが概要だった。 オペレーションコントロールにおいて、HQ(司令部) と言うのはあくまでも、現場のサポートに徹するべきで、 日本軍と米軍の差がまさにココにある。 日本はHQの海軍エリート達が、現場の指...

ニュージーランドはキャンプ大国!

さて、中古車を買って、キャンプ道具も買い揃え、 いよいよキャンプ旅行に出発。 オークランド郊外のキャンプ場に初めて泊まった。 芝生の上にテントを張って、NZビールを頂く。 さっぱりとしたアルコール4%程度のラガービール。 日本のビールのように米やらコーンスターチやら 使用して無いので、とても飲み易い。 一本60円くらいなので、ついつい飲み過ぎw。 ワインも美味い。700円くらい。 小麦の質が良いので、普...

バイクに乗る為に歩く

バイクに乗る為に一番良いトレーニングは何か? 自分は歩く事だと思っている。 バイクは下半身でコントロールするものだと思う ので、特に股関節周辺が自由に動く必要がある。 ブレーキングで上体を支えたり、切り返し時に ホールドするのも、腕はあくまでも補助的な支え であり、メインは腹筋、背筋含めた下半身だ。 ここ1年くらい、歩く事をトレーニングに採り入れて おり、体重の減少と相まって非常に調子が良い。 人間が太...

ニュージーランドロングステイ

大分前から暖めてきたブログ企画「ニュージーランドロングステイ」 突然スタートw。 我が家が2年前に3ヶ月旅行したニュージーランドの 素晴らしい風景を是非ご紹介したく、ようやく書く気に なったので始めます。 画像はNZ最大の都市、オークランドの広場でバイク ミーティングをタマタマやっており、見に行った時のもの。 ハーレーに乗る熟年夫婦、GSXR1100に乗る ライダー、 VTR1000Fも多かった。 ほとん...

サーキットと公道でのタイヤチョイス

恐らく大多数のスーパースポーツに乗るライダーが ハイグリップタイヤを履いているだろう。 そして、その多くは不満を持っているはずだ。 「もう少しタイヤライフが長ければ・」 「走り始めが滑ってコワイ・・」 「ツーリングで雨降ってきて死ぬ思いをした・・」 等々。 サーキットユーザーなら、常識ともいえるこう言った ネガな部分を、一般道しか知らないライダーに 伝えるのは難しいけど、やはり使用目的に応じた タイヤ選...

蓼科ツーリング

昨日から1泊で、蓼科ツーリングに行って来た。 気温が段違いに涼しくて、昨日の朝、小淵沢I.C で下りて以来、ずっと気温が20℃くらいだった。 メッシュジャケットでは寒いくらい。 早め早めに移動したので、どこの道も空いており、 大変快適なツーリングになった。 やはり、多数の人々が移動する時間帯を避けて 行動するのがセオリーだなあ・・・...

温度とセッティング

レースに限らないけど、温度管理は非常に重要。 路面温度、タイヤ表面温度、冷間、温間のタイヤ空気圧。 油温、水温、気圧等々、気象条件含めて色んな データ管理が必要だ。 エンジンオイル、フォークオイル、リアショックの ガス、オイル等々油分は当然、温度の変化によって 特性が変化する。 また、ゴム質であるタイヤ、ダンパー関係も温度に よる変化が大きい。 そうなると、春や秋の人間に優しいコンディションで 快調に動...

ニンジャのチューニングメニュー

最終的なニンジャの仕様を記録しておこう。 フレーム関係 ・ウィリーにて補強数箇所(ヘッド部、ピボット部) ・クロモリパイプにてアンダーフレームワンオフ ・ウィリー製スイングアーム(通常サイズ目の字) ・ウィリー製ステム(オフセット35mm) ・ウィリー製バックステップキット ・ホンダビッグ1用43mmフロントフォーク ・ウィズミー製フォークダンパーキット ・ダイマグ5.5ホイール ・クワンタムリアサス ・ウ...

カワサキGPZ900R ニンジャ改

2002年まで、愛機だったニンジャ。 徹底的にいじって、自分仕様にして乗っていた。 これだけいじったので、悔いは無い。 特にエンジン、フレームのバランスが取れて、 アサカワスピードでサスセッティングをしてからは 、まるで自分の手足のように動いて、まさに愛機だった。 今は手元に無いが、本当に良い思い出だ。 フレームも補強、スイングアーム、ステムもウィリー でワンオフしてもらい、富士の高速コーナーでも GSX...

タイヤの話

タイヤのフィーリングは主観的だ。 人によって、アレが良いコレが良いと言った話が 色々で、判断が難しい。 先日の8耐では、決勝に限って言えばミシェランが NO1でBSが2番手だったのかも。 どこかのブログで、ミシェランの16.5インチスリック はモトGPから引っ張ってきたと書いてあって、 ちょっと納得した。 開発に社運を賭けているモトGPでシノギを削っている MIとBS,対するダンロップ・・・差は明らかだ。...

ただ今鈴鹿より帰還

ヨシムラは勝てなくて残念だったけど、レース三昧 で楽しかった。 眠いので、とりあえず画像だけ。 スズキ応援団の一画を陣取ってました。...

Appendix

Googleブログサーチ検索窓

Copyright © BLOG5 All Rights Reserved.

カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

つるりん

Author:つるりん
最近基本整備とセッティングにはまってます。
基本は大事ですね~

月別アーカイブ

フリーエリア